本文へスキップ

アキレス腱炎の専門整体!西宮甲東園整体院HALへ

TEL. 0798-55-8805|土日も営業

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

アキレス腱炎を短期改善させるなら当院へ!

【目次】

≫ アキレス腱炎と腱周囲炎
├ アキレス腱炎の症状
├ 病院では
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
├ 施術の流れ

著者:

アキレス腱炎と腱周囲炎

アキレス腱炎の短期改善を図る

『アキレス腱炎』や『アキレス腱周囲炎』はスポーツ障害の一つで、足の使い過ぎ、アキレス腱の使い過ぎによる症状です。

アキレス腱炎は大学生から社会人のスポーツをよくする男性に多く見られ、アキレス腱周囲炎は男女ともに比較的若い世代に多く見られます。

人はアキレス腱を、立ち上がったり、しゃがんだり、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりと、日常生活において常に動かしています。そのアキレス腱を構成するのは、ふくらはぎの筋肉になります。

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋:腓腹筋とヒラメ筋)は、膝裏の大腿骨から踵につながっており、且つ、腓腹筋とヒラメ筋は、踵の辺りで合わさってアキレス腱となり、踵の骨に付着します。

アキレス腱自体はパラテノンと呼ばれる薄い「膜」に覆われています。また、踵との付着部周辺に、腱の動きを滑らかにする「滑液包」があります。その膜と滑液包により、アキレス腱と皮膚との摩擦、あるいは、アキレス腱と筋組織との摩擦が緩和されているのです。

しかし、激しいスポーツなどでアキレス腱を酷使し過ぎると、アキレス腱やその周囲の組織が摩擦の負荷に耐え切れず、アキレス腱自体に微細な断裂・損傷や炎症、あるいは、滑液包に炎症が起こり始めます。

アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎の構造

アキレス腱自体が損傷し炎症が起きた状態を『アキレス腱炎』、アキレス腱と周囲の膜(パラテノン)との摩擦により炎症が起きた状態を『アキレス腱周囲炎』、アキレス腱の滑液包に炎症が起きた状態を『アキレス腱滑液包炎』と呼びます。

それぞれの炎症のメカニズムは異なるものの、原因と症状はほぼ同じです。同時に発症することも多々あります。

多くは、アキレス腱周囲炎が発症し、硬くなってしまったパラテノンから腱への血流が滞るため自己治癒力が低下し、アキレス腱炎が起こりやすくなると考えられます。

それぞれ、アキレス腱の使い過ぎが主な原因ですが、アキレス腱が負荷に耐え切れなくなる理由に、加齢や運動不足、合わない靴を履いていたり、デコボコ道で足首に負荷がかかったり、偏平足など足のアーチの低下などがあります。

アキレス腱炎の症状

炎症の症状としては、踵から膝裏に向かっておよそ握りこぶし一個分の範囲で、アキレス腱が腫れて熱感があったり、アキレス腱をつまんだりしても圧痛がでます。悪化すると歩行困難にもなります。

起床時に踵を床につくと痛みが強く出ます。走ったりジャンプした時にも痛みがでます。症状が悪化すると安静にしていても痛みが出ます。「足底腱膜炎/足底筋膜炎」とも似ています。

アキレス腱の使い過ぎが大きな原因なので、まずは安静することと、炎症を起こしている状態なので、アイシングなど冷やすことが大切です。

ちなみに、患部がアキレス腱に近いことからアキレス腱炎と誤解されやすいものとして「後脛骨筋腱炎」があります。

病院では

超音波検査やMRI、レントゲン検査にて、骨折や腫瘍などの他の疾患の可能性を調べます。

アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎と診断されると、病院の治療は、炎症なので基本的に保存療法が主になります。急性期の炎症であれば、アイシング(冷却)や安静にし慢性化を防ぐことが求められます。

保存療法の一つの理学療法では足底版(靴の中敷き)を装着したり、アキレス腱のストレッチを入念に行います。

痛みが強い場合は、非ステロイド系消炎鎮痛薬などが投与、またステロイド剤の局所注射が試みられます。また、歩行に支障が出る場合は松葉杖の使用も考えれます。

保存療法で改善が見られない場合や状態が悪化するような場合は、外科的手術も検討されます。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、体の整体により、まず炎症を早期に鎮めるため、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)の膝側と踵側の両付着部にかかってる負担を軽減させる目的で、膝関節、踵周辺の関節(距腿関節、距踵関節、距舟関節)を解剖学的に正しい位置へと調整します。

その後、足のアーチを取り戻すため、踵から足指にかけての全ての細かい関節を調整します。膝関節自体に負担がかからないよう、骨盤や股関節なども調整していきます。

施術は【体の整体】になります。

施術の流れ

←①~⑤→

まず骨盤を調整① 最初に、骨盤(仙腸関節および仙骨)を調整します。どのような症状であれ、身体の土台となる骨盤は調整します。
次に股関節を調整② 次に、股関節を調整します。踵を含む足首周りに異常があると、上半身を支えるバランスが崩れ、膝や股関節にも体重の負荷が過剰にかかります。
次に膝を調整③ 次に、膝を調整します。ヒラメ筋や腓腹筋などは膝裏から踵にかけてアキレス腱として付着しているため、膝に異常があれば必然的にアキレス腱にも影響します。
次に足首を調整④ 次に、踵(踵骨)を含む足首周りを調整します。足首周りに異常があり柔軟性がなくなると、アキレス腱や足裏の腱や筋肉が硬くなり炎症を起こしやすくなります。
最後に足関節全体を調整⑤ 最後に、足全体を調整します。足の柔軟性を回復し、足のアーチを取り戻し、足首にかかる体重の負荷を足裏全体に分散できる状態にします。

施術することにより、何倍も早く炎症の鎮静を早められます。

もし、どこへ行っても良くならないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


<関連ページ>
アキレス腱周囲炎 関連記事

踵骨骨端症/シーバー病

後脛骨筋腱炎

足底腱膜炎/足底筋膜炎


0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

■ 初回: 検査料+施術料 ■ 次回以降: 施術料のみ

検査料 施術料
体の整体 3300 7700

(円・税込)


阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー