本文へスキップ

栄養も大切な自律神経失調症には西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

自律神経失調症は食生活の見直しも大切!

自律神経失調症からの回復に必要な栄養素

自律神経失調症と必要な栄養素

自律神経失調症にビタミンBとC

自律神経失調症の人は、ストレスに満ちた環境下にいることが多く、ビタミンBとビタミンCの消費が増えることがわかっています。

ビタミンB群は、神経の働きを正常に保つために欠かせないビタミンです。特にB1は脳の栄養である糖質をエネルギー化するために必要で、中枢神経や手足の末梢神経の機能を正常に働かせています。

B1が不足すると、身体の怠さや疲れやすさの他、脳のエネルギーが不足してイライラしたり怒りっぽくなったりします。

B6は、セロトニンなどの神経伝達物質の合成にかかわっていて、不足すると気分の落ち込み、ふさぎ込みなどが見られることがあります。

B12は、神経細胞内のたんぱく質や核酸の合成・修復に必要です。B12の欠乏は、息切れ、手足の痺れ、気分の不安定さなどの原因となります。

一方、ビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンであるコルチゾールの合成にかかわります。コルチゾールは、人がストレスを受けた時、副腎皮質から分泌されますが、これはビタミンCやコレステロールから作られます。

このように、ストレスの多い人ほど、ビタミン類を不足させないことが大切です。

ビタミンB群もビタミンCも水溶性のビタミンで、身体の中にためておくことができないため、一度に沢山とっても吸収されない分は体外に出て行ってしまいます。したがって、常に意識して日々の食事から補っておく必要があります。

ビタミンB群は豚などの肉類や魚、豆類や雑穀に多く含まれています。

ビタミンCの補給には、果物や野菜をたっぷり摂ることが大切です。ビタミンCは熱に弱く加熱調理は避けた方が良いですが、ピーマンやゴーヤー、イモ類に含まれるビタミンCは熱に強いと言われ、加熱しても損失は少ないと思われます。

意外なところでは、牛や豚のレバー、ハムにはビタミンCも多いので覚えておいた方が良いと思います。

ビタミンBの仲間とビタミンCはストレス対策に欠かせないです。水溶性ビタミンなので常に食事から摂ることが大切です。

ビタミンEも、更年期を迎えた女性には欠かせないビタミンです。Eは、女性特有のホルモンである黄体ホルモンの合成に必要となるビタミンです。ビタミンEと併せて、イソフラボンも、積極的に摂取してほしい栄養素です。

イソフラボンは女性ホルモンと似た構造と働きをもっており、分泌が低下してくる年齢の不定愁訴を軽くすることができます。イソフラボンにはカルシウムが骨から溶け出すのを防ぐ働きがありますので、カルシウム不足によるイライラの予防にもなります。

イソフラボンは、大豆などの豆類に多いので、豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に摂取することをお勧めします。

ビタミンEは脂溶性のビタミンですので、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類の油成分に多く含まれます。ひまわり油や綿実油、サフラワー油などの植物油にも含まれています。魚やカボチャ、アボカドなどにも多く含まれます。

ビタミンに加えて摂取した方がよい栄養成分として、鉄分があります。鉄はレバーや赤身の肉、カツオやイワシ、アサリやカキなどの貝類のほか、大豆やきな粉、納豆などの大豆製品、野菜では切干大根、小松菜、あと、ヒジキや海苔などの海藻類にも多く含まれています。

肉や魚の筋肉中に含まれるミオグロビンは、吸収率のよりヘム鉄をもっているので、効率よく鉄分補給できます。

野菜や海藻に含まれる非ヘム鉄は、吸収率がヘム鉄の5分の1程度しかありません。しかし、動物性タンパク質やビタミンCが多い食材と一緒に摂取することで、吸収が高まります。

肉や魚、ピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜と組み合わせたり、食後に果物を食べたりすると効率的です。

逆に、緑茶や紅茶に含まれるタンニンは鉄の吸収を妨げますので、できればタンニンの少ないほうじ茶やそば茶、ハーブティーなどが良いと思います。

自律神経を整えるためには、偏った食生活ではなく、バランスよく栄養を摂取することが一番大切ですね。自律神経失調症の症状でお悩みなら、今一度、ご自身の食生活を見直してみてください。

自律神経失調症にコレステロール

青魚は心の安定にも効果があると言われます。青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)は、血液をサラサラにする抗血栓作用や動脈硬化予防で知られています。

また、血液の流れが良くなることで、記憶力が上がったり、認知症予防の面でも期待されています。

近年の研究では、DHAはストレスが原因で起こる精神不安定や鬱の緩和にも有効であるとこが示唆されています。これは、副交感神経が優位に働くときに必要となるセロトニンやメラトニンなどの神経伝達物質の働きを、DHAがサポートしているからではないかと考えられています。

DHAは、マグロ、サバ、サンマ、イワシ、サケ、ウナギなどの魚類に豊富に含まれ、特に青魚に多いようです。

魚によっては、赤身よりも脂身の方がDHAの含有量が数十~数百倍にもなるらしく、マグロなどは脂身に豊富に含まれるとのこと。カツオなどは、秋の方がDHAが豊富だそうです。

ただ、DHAは熱で溶けだす性質があるため、煮たり焼いたりするよりは、溶け出た栄養素ごと摂取できる汁物が良いと思われます。刺身なら尚良いかもしれませんが。

とはいえ、肉や卵料理を敬遠する必要はありません。適正なコレステロール値の維持は、うつ病の予防にもなると言われています。

コレステロールというと、身体に良くないというイメージが強く、肉や卵、油料理を避ける中高年の方もいます。しかし、コレステロールは、身体の細胞やホルモンの材料となる大切な栄養素の一つなのです。

うつ病も自律神経失調症の一つだと考えられますが、「低コレステロールの人は、うつ状態になりやすい」という研究結果があります。特に、DLコレステロール(悪玉)が低い人に、うつ傾向が多く見られたようです。

この研究結果より、副交感神経を優位にする神経伝達物質のセロトニンの分泌に、コレステロールが深く関わっていると考えられます。つまり、セロトニンを分泌し正常に機能させるためには、血中のコレステロールが一定濃度含まれていることが必要なわけです。

また、適度なお酒にも、HDLコレステロール(善玉)を増やす働きがあります。しかし、お酒の飲み過ぎは逆効果になるため、注意が必要です。

自律神経失調症にカルシウム

自律神経失調症では、妙にイライラしたり、すぐ怒りっぽくなったり、、、など、精神的に不安定になることが多々あります。そのような症状を助長する原因の一つに、カルシウム不足であることがあります。

カルシウムは神経伝達には欠かせない役割をもっています。精神の興奮を鎮め、安定させる働きを担っているのです。心臓の動きを規則正しく保つのも、カルシウムの働きなのです。

ですから、動悸や息苦しさ、胸の圧迫感といったの症状の改善にも、カルシウムの摂取は大切なのです。できることならば、チーズ、ヨーグルト、牛乳などの乳製品や大豆製品、海藻類を毎日の食事に取り入れ摂取するることをお勧めします。

特に、乳製品のカルシウムは体への吸収が良いといわれていますので、ヨーグルトなどを毎朝摂るのも良いと思います。

また、カルシウムは筋肉細胞にも取り込まれています。そして、カルシウムの筋肉への吸収を調整し手助けするのが、マグネシウムです。

自律神経失調症の症状の一つに、手足の震え、筋肉の痙攣などがあります。これは、体内のマグネシウムが不足している可能性が考えられます。つまり、マグネシウムによる調整が足らず、筋肉へのカルシウム吸収過多が起こり、痙攣や震えが起こるわけです。

一般的によくある症状の一つに、瞼がピクピク震えるということがあります。これも、マグネシウム不足で引き起こされる現象なのです。

カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは、カルシウムが2~3に対し、マグネシウムは1といった程度で良いです。

通常、マグネシウムは食材に含まれているのですが、玄米や雑穀に他より多く含まれていますので、玄米食や白米に玄米を混ぜて食するのが手っ取り早いかもしれません。

また、肉や魚などに含まれる鉄分も重要で、動物性タンパク質やビタミンCが多く含まれる食材と一緒に鉄分を摂取することで、吸収率が上がります。貧血があると、自律神経失調症になりやすいですから。

あと、タンパク質不足も自律神経の乱れを招くと言われます。よく耳にする脳内伝達物質の一つ、セロトニン。このセロトニンは、ストレスや緊張で高まった交感神経の働きを抑え、リラックスさせる副交感神経の働きを高めます。

セロトニンを分泌させるのに必要なのが、たんぱく質に含まれるトリプトファン。トリプトファンは、必須アミノ酸の一種で、体内で作られるものではないため、食事等で摂取する必要があります。したがって、必須アミノ酸を含むたんぱく質食品もきちんと摂るらなくてはなりません。

必須アミノ酸が豊富に含まれる食材は、肉、魚、卵、牛乳、ヨーグルト、大豆、豆腐、おから、納豆などです。

ちなみに、交感神経を優位にさせるのに分泌されるドーパミンやノルアドレナリンも、必須アミノ酸の一種が必要で、フェニルアラニンなどになります。

自律神経をはじめ、健康の基本は栄養バランスのとれた食事です。よく噛んで、消化吸収を良くし代謝を高めれば、副交感神経の働きが優位になり、心も落ち着きます。

是非、カルシウム、マグネシウム、たんぱく質、ビタミン、鉄分などの摂取不足にならないように、栄養バランスに気を付けましょう。

健康の基本は栄養バランスのとれた食事です。

肉、魚、大豆、卵、乳製品などのたんぱく質の豊富な食材、お米やパン、麺類、イモ類や砂糖類や油物類などの身体のエネルギーとなる炭水化物の豊富な食材、野菜類、キノコ類、海藻類、果物類などの身体の調子を整えるビタミン豊富な食材をまんべんなく摂取したいものです。



0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー