本文へスキップ

自律神経失調症改善に尽力する西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

自律神経失調症ならまず自律神経を整える!

自律神経失調症と白血球の関係

自律神経失調症と白血球の関係

身体の各器官は、自律神経による無意識化のコントロールによりバランスを保っています。人間には、生命活動を維持するための様々な体内システムが機能しており、その中でも次の3つが代表的なものになります。

1.代謝エネルギーのシステム(ホルモン系統)
2.自律神経系のシステム(自律神経)
3.白血球のシステム(免疫系統)

これら3つのシステムがうまく連携をとりバランスを取り合っているので、身体の健康が保たれています。

意識せずとも、汗をかいたり、呼吸したり、食べ物を消化したりできるのも、自律神経が働いているからなのです。

自律神経には、身体を活発な状態にするアクセルの役割を担う「交感神経」と、活発な身体を抑制し休めるブレーキの役割を担う「副交感神経」の二つからなっています。

状況に応じて、一方が優位に働けば、他方が一方の働きを抑制したりと、二つの神経は綱引きし合うような関係にあります。

しかし、ストレスなど外的な要因が加わってしまうと、どちらか一方の働きを抑制しきれなくなり、均衡を保っていたはずのバランスが崩れてしまうことがあります。

自律神経は、外から侵入する異物から身体を守る白血球もコントロールしています。ですので、ストレスなどで自律神経が乱れると、体内システムの連携がとれなくなり、身体に変調をきたし始めます。

たとえば、免疫系統の白血球システムにおける白血球は、血中の免疫細胞であり、免疫機能の中心的存在であるため、自律神経と白血球の連携が身体の免疫力を大きく左右しています。

白血球の大半を占めるのが、「顆粒球」と「リンパ球」です。もし、強いストレスを外部から受けると、交感神経が緊張して顆粒球の割合が増えます。

交感神経が優位に立ちすぎて、副交感神経とのバランスが崩れると、顆粒球が増え過ぎて活性酸素が発生し、胃や腸の粘膜をチクチク攻撃するようになります。つまり、顆粒球が増えることは、腸にとって望ましいことではないのです。

逆に、副交感神経が優位になり交感神経とのバランスが崩れると、リンパ球が増え過ぎ、アレルギー物質などの抗原に対して敏感に反応し始めてしまいます。

ちなみに、近年、子供や若い成人のアレルギーが増加傾向にありますが、その原因の一つは、お菓子やジュースなど甘い物の摂り過ぎにあります。

甘い物を摂りすぎると、消化を促進するために副交感神経が常に優位になり、リンパ球が増え過ぎた結果、アレルギーを引き起こすとも考えられています。

交感神経や副交感神経のバランス整える手立てとして、当院では頭蓋骨調整といった手法を用いて、脳を覆う脳脊髄液の流れや頭蓋内圧、血流といった点を改善させていきます。

もし、自律神経失調症や自律神経系の症状でお悩みなら、是非当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。いつでもお気軽にご相談ください。



0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー