本文へスキップ

自律神経失調症からの早期回復に西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

自律神経失調症からの早期回復のために!

【目次】

≫ 自律神経失調症
├ 自律神経とは
├ 4つの自律神経失調症タイプ
├ 自律神経失調症になりやすい5つのタイプ
├ 主な症状
├ ヒステリー球/身体表現性障害
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
≫ 関連ページ

自律神経失調症

自律神経失調症からの早期回復を目指す!

「自律神経失調症」とは名前の通り、自律神経の調整が失われる病気なのですが、医学的にはなぜ起こるのかハッキリと解明されていません。

元々、自律神経失調症とは1960年代に、本人には自覚症状があるのに検査をしてみても、検査結果から異常がみられず、なぜ症状がでるのかわからない不定愁訴に対して使われ始めたのですが、医者からすれば、診断がつかない症状につけることができる非常に都合の良い病名です。

「日本心身医学学会」では、自律神経失調症を 「検査をしても、その症状を裏付ける所見が見いだされず、また器質的病変がないのにさまざまな不定愁訴を訴える状態」として定義づけています。

最近の傾向として、臓器や器官を検査しても異常が見つからないのに、症状を訴える患者に対して納得させるために「自律神経失調症ですね」と診断する、便利な病名として重宝がられてきているようです。

自律神経失調症といわれる症状は人によって様々で、複数の症状を訴える人もいれば、前回と今回では訴える症状が違うという人もいます。そのため、心の問題が原因として心療内科が自律神経失調症の人を担当する病院も少なくありません。

自律神経とは

自律神経は、体中をめぐる血流をコントロールし、身体を構成する約60兆個の細胞を無意識下でコントロールしています。そのため、自律神経が乱れると、その影響は全身に及びます。

自律神経は、自分の意志とは関係なく、刺激や情報に反応して身体の機能をコントロールしています。逆に言えば、意識してもコントロールできないことを担当するのが「自律神経」です。

心臓も胃腸も、私たちが意識しなくても動きます。呼吸も意識せずに行っています。暑ければと自動的に汗をかきますし、寒ければと体温を一定に保とうとします。血液や代謝、体温調整なども含め、私たちの生命活動の根幹を24時間365日コントロールしているものが自律神経です。

そもそも、自律神経とは身体を活発にする交感神経(活動する神経)と、身体を休ませる副交感神経(休む神経)から成り立っています。

自律神経の仕組み

交感神経は、エネルギーを消費するような働きがあり、心臓の鼓動や血圧を高めたり、感情の変化などの精神活動を活発にします。一方、副交感神経は、エネルギーを蓄えたり回復させるような働きがあり、消化器官の働きを活発にしたり、リラックスや睡眠、休息をとるときに優位に働きます。

したがって、たとえば、交感神経が昂ると、緊張したり、なかなか寝つけなかったりします。逆に、副交感神経が優位になると、いくら寝ても寝たりないといったようになります。

眠っている時に呼吸する、血液を流す、胃で食べ物を消化する、腸で栄養を吸収する、老廃物や疲労物質を集めて便や尿で排泄するなどの動きも、すべて自律神経によるものです。自律神経は、この2つの神経がバランスよく自動的に切り替わるようになっています。

自律神経失調症

車に例えると、交感神経は身体を動かすアクセル、副交感神経は身体を休めるブレーキといったところでしょうか。

この交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると(交感神経と副交感神経の切り替えがうまく働かないと)自律神経失調症となり、様々な身体の不調が現れます。

数えられないくらい症状が人によって異なるため、一概に代表的な症状を挙げることができませんが、最近では、朝起きたいのに起きられないといった「起立性調節障害」という自律神経失調症の一つがよく聞かれるようになりました。

医療機関の多くは、自律神経が乱れた原因を考慮せずに対症療法(症状に対する薬物療法)を行うため、また多くの患者が薬物に頼るため、病気がなかなか治らないのです。

他に、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れると問題なのが、免疫系統やホルモン系統機能も、自律神経に連動して崩れてしまうことです。

自律神経、免疫系統、ホルモン系統の三角関係

これら3つ(自律神経、免疫、ホルモン分泌)のバランスがお互いに連携しながら、人は健康を維持できるのです。免疫系もホルモン系(内分泌系)も自律神経の作用があるから機能するのです。

もし、この自律神経のバランスが崩れるとホルモンの分泌調整できず、代謝や成長、生理機能に影響がでたり、免疫調整ができず、病気にかかりやすくなります。

逆に、「免疫機能」および/あるいは「ホルモン分泌」に異常が起きれば、均衡が崩れて「自律神経」も乱れます。

自律神経の働き

ちなみに、現代社会における日本人の多くは、現代社会特有のストレスにより「交感神経が優位」になっていると言われていますが、実際のところは、人それぞれといったところです。

また、個人差はありますが、日本人において、男性は30歳、女性は40歳あたりから副交感神経の働きが下がってくる言われています。

自律神経と脳

自律神経は、脳の「視床下部」という部位でコントロールされます。この視床下部は頭蓋骨の中心に位置しており、視床下部の下にあるホルモン分泌を調整する「脳下垂体」、視床下部の上にある本能的欲求や感情を調整する「大脳辺縁系」とも密接な関係を保っています。

視床下部は、自律神経系やホルモン系の働きを司っていますが、単体で機能するものではありません。大脳皮質は、知覚、判断、思考、記憶などの高度な精神活動を司っています。大脳辺縁系は、本能的な欲求や喜怒哀楽などの情動を司っています。

つまり、脳から自律神経への伝達の流れとしては、 大脳皮質→大脳辺縁系→視床下部→脳下垂体→自律神経→各器官 といったところです。

持続的な緊張や不安な精神的ストレスは、交感神経や副交感神経がそれぞれバラバラに働きだし、体調を崩しやすくなります。また、失望、抑うつ、悲哀などを感じている場合は、交感神経と副交感神経ともに働きが低下し、食欲や睡眠などに影響がでます。

精神的にも落ち着いている場合、副交感神経が正常に働き、リラックスできます。

4つの自律神経失調症タイプ

自律神経失調症には大きく分けて4つのタイプがあります。

《本態性型自律神経失調症》
生まれつき自律神経の調整機能が乱れやすい体質の人、低血圧や虚弱体質な人、立ちくらみしやすい人に見られるタイプ。

《神経症型自律神経失調症》
性格的、心理的な要因によって自律神経の機能に不調をきたし、不定愁訴の症状が現れるタイプ。自分の身体の変調に敏感で、心配性で些細なことにもこだわる人、不安感が強い人、気にしやすい人に多く見られます。

《心身症型自律神経失調症》
自律神経失調症のほぼ半数がこのタイプ。喜怒哀楽の感情や疲労などのストレスを無理に抑えることにより、自律神経に変調をきたします。真面目で頑張りすぎてしまう人、自分に厳しい人、ストレスに弱い人、強いストレスを長期間受けている人に発症しやすいです。

《抑うつ型自律神経失調症》
ストレスが慢性化し、蓄積され鬱状態になり、体に変調をきたします。几帳面、完全主義、執着心が強い、気分が沈みやすいなどの傾向にある人に見られます。

自律神経失調症になりやすい5つのタイプ

《体質が関与するタイプ》
それまでにも立ちくらみや乗り物酔いを起こしやすかった人に多く、自律神経のバランスが崩れやすい。

《ホルモンが関与するタイプ》
更年期の女性に見られるもので、のぼせ、肩こり、頭痛などの更年期障害として現れる。精神症状だけがみられる場合もある。

《神経症が関与するタイプ》
身体の症状だけでなく、不安や緊張などがみられる。性格的に心配性で、物事にこだわりやすい人に多い。

《うつが関与するタイプ》
身体の症状だけでなく、抑うつ気分や無気力、うつなどの精神面での症状が顕著に現れる。

《心身症が関与するタイプ》
ストレスが原因となって、胃潰瘍や過敏性腸症候群、片頭痛などの身体疾患が実際に起きている。

自律神経失調症になりやすい人

■ マジメ、几帳面な性格の人
■ 自分の良いイメージを意識し過ぎる人
■ 完璧主義者
■ Noと言えない人
■ 他人の目を意識しすぎる人
■ 頑固な人
■ 負けず嫌いな人
■ 失敗を引きずる人
■ 頑張り屋さん
■ 自分に自信のない人
■ 自分の気持ちを抑えて周囲に合わせる人
■ 自分より立場が上の人には逆らえない人
■ 我儘な人
■ 精神的に親から自立できていない人
■ 何事においても否定的、悲観的、ネガティブな人
■ 義務感の強すぎる人
■ 自己中心的な人
■ 心配性の人
■ 責任感の強すぎる人
■ 自分の意見を言えない人
■ 乗り物酔いが幼児期からある体質の人
■ アレルギー体質や冷え性の人
■ 生理痛などが酷い人
■ 幼児期に下痢や嘔吐が多かった人

・・・などが、自覚がある無しに関係なく、ストレスをいつの間にかため込んでしまう人ですので、注意が必要です。

主な症状

自律神経は体のすべての器官に関連しています。ですから、心臓、血管、呼吸器系、消化器系、皮膚、生殖器系、関節、精神に至るまで、ありとあらゆるところが網羅されます。

大きな括りでは、更年期障害、起立性調節障害、パニック障害、片頭痛、メニエール病、気管支喘息…等々も、自律神経失調症の一つです。

男性よりも、生理、妊娠、出産、授乳、閉経などを経験する女性の方がホルモンバランスが乱れやすいため、自律神経失調症になりやすいようです。また、個人差も大きい上、性格、体質、気分にも影響されます。

各器官に現れる症状としては…

目の疲れ、涙目、目の乾き、かすみ目、目の奥が痛い
耳鳴り、耳の閉塞感
感覚異常、味覚異常、顎関節症、口の渇き
異物感、閉塞感、圧迫感、イガイガ感、喉の痛みや乾き、詰まった感じ、ムズムズ感、ヒステリー球
手/腕 痺れ、痛み、握力低下、冷え、ほてり、感覚が鈍くなる
生殖器 勃起不全、射精不能、生理不順、陰部のかゆみ
筋肉/関節 肩こり、張り、痛み、筋肉痛、胸痛、背中や腰の緊張感、関節の怠さ、力が入らない
頭痛、頭重感、薄毛(脱毛)、片頭痛の併発
呼吸器 咳、痰、息苦しさ、息が詰まる、息が吸えない、息切れ、酸欠感、過換気症候群(過呼吸)の併発、気管支喘息の併発
心臓/血管 動悸、息切れ、胸の圧迫や痛み、胸やけ、高血圧・低血圧、鼻血、貧血、不整脈の併発
皮膚 多汗、冷や汗、汗がでない、過剰な脇汗、乾燥、かゆみ、寒気
消化器 吐き気(嘔吐)、胃もたれ、膨満感、便秘、下痢、胃痛、腹痛、過敏性腸症候群の併発、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の併発、食道の詰まり感、下腹部のはり、ガス溜り
泌尿器 頻尿、残尿感、排尿痛、血便、血尿、
しびれ、痛み、冷え、ふらつき、ほてり
全身症状 疲労感、疲れやすい、倦怠感、微熱、ほてり、冷え、めまい、ふらつき、立ちくらみ、睡眠障害、食欲不振、アトピー、低体温、乗り物酔い、メニエール病の併発、発熱・微熱、震え、全身の痛み
精神症状 不安感、恐怖心、怒りっぽい、イライラ、無気力、集中力低下、記憶力低下、注意力低下、情緒不安定、気が滅入る、鬱病の併発

上記以外にもまだまだあります。

また、下記のように、自律神経失調症を発症させるまでに3つの段階があります。

《イエローカード・1回目》
疲労、イライラ、肩こりや首こり、頭痛など、身体に何かしらの軽い症状がでて身体に警告を発している。

《イエローカード・2回目》
身体に現れていた症状が和らぎ、調子が良いと誤解してしまうが、実は身体はストレスに対して反応できなくなっていて、ストレス処理能力の限界に達している状態。

《レッドーカード》
心身ともにボロボロの状態。心身症、自律神経失調症などの症状が現れる。

ヒステリー球/身体表現性障害

ヒステリー球/咽喉頭異常感症とは「咽喉頭部や食道の狭窄感,異物感,不快感などを訴えるが器質的異常や検査値の異常がみられないもの」と定義されています。つまり、のどに違和感を感じていても、各種検査(内視鏡、CT、超音波、レントゲン等々)では腫瘍をはじめ、何も異常が認められない症状ということです。

内科や精神科領域では「ヒステリー球やヒステリー症候群、あるいは身体表現性障害」、耳鼻咽喉科では「咽喉頭異常感症」と呼ばれていますが、同一のものです。東洋医学的には「梅核気」と呼ばれるものになります。

ヒステリー球/咽喉頭異常感症によるのどの異常感は、激しい痛みはなく、嚥下機能障害(食べ物を飲み込めない状態)を伴うこともないのが特徴です。訴えの多くは、「のどに何かつかえる感じ」「のどが腫れている気がする」「のどの乾燥感、ヒリヒリ感、イガイガ感」「のどの痒み」「呼吸が苦しいような気がする」等々です。

ヒステリー球/咽喉頭異常感症は、胃食道逆流症と関連があるとも考えられているため、最初は逆流性食道炎などの病気を疑い、診断的治療として胃酸分泌を抑制するPPI(プロトンポンプインヒビター)などが処方されることが多いです。ただし、逆流性食道炎などの病気に起因するものでない場合は、治療がなかなか進まないことも多いといわれています。

慢性咽頭炎や逆流性食道炎、慢性気管支炎、甲状腺疾患、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性咽頭炎、鉄欠乏性貧血、更年期障害、糖尿病など他の疾患が発症の一因になることもありますので、よく検査してみることが重要です。

しかし、それらの病気が一切認められない場合に考えられる原因として、ストレスにより自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、交感神経が優位になることにより、食道周辺の筋肉が過剰に収縮し、食道を締め付けてしまことが考えられます。いわゆる、自律神経失調症で現れる症状の一つと考えられます。

そのため、不安や疲労、緊張を強く感じた時に強い症状がでることが多いようです。つまり、精神的・心理的な要因がきっかけになるとも言えます。

仕事が忙しく毎日が追われているような人、睡眠が十分にとれていない人、ストレスをためやすく真面目な人、責任感が強い人、我慢強い人、不安を感じやすい人…などが発症しやすいといわれています。

また、月経や妊娠、出産、閉経期でホルモンバランスが乱れやすい女性のほうが自律神経を崩しやすいため、男性よりも発症しやすいようです。年齢的には30~50歳代に多いと思われます。

自律神経の乱れが原因だと考えられる場合、医療機関での治療としては、薬物療法が主となり、不安や緊張を和らげるために、抗不安薬や抗うつ薬、睡眠薬が投与されます。うがい薬や唾液分泌改善薬なども処方されることがあります。

最近の医学研究の発表において、のどに炙った肉片が張り付いているような感覚に対して、漢方薬の半夏厚朴湯で良好な結果を得たと報告があります。

漢方薬の処方としては、「半夏厚朴湯」が多いですが、その他「大柴胡湯」「柴胡加竜骨牡蛎湯(合半夏厚朴湯)」「柴朴湯」「加味逍遥散」「柴胡桂枝乾姜湯」「抑肝散加陳皮半夏」「甘麦大棗湯」などが知られています。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、自律神経失調症で悩む多くの方の健康を回復させてきています。

そもそもの原因がストレスにあることが多いため、最終的にはストレスを排除しなければなりませんが、ストレスを排除する元気や意欲を取り戻すためにも、まずは崩れてしまった自律神経バランスを回復させる必要があります。

自律神経は脳の奥、中心に位置する「視床下部」というところで、無意識下にコントロールされています。そして、様々なホルモン分泌に関わっている「下垂体」が視床下部の下側につながっています。

視床下部と下垂体の位置と役割について

つまり、自律神経系やホルモン分泌系がかかわる症状に関しては、少なくともこの「視床下部」「下垂体」を調整することが必要になってくるのです。

加えて、それらは排卵や精子などにもかかわっているため、視床下部や下垂体の調整は不妊治療にも有効なわけです。

蝶形骨のトルク鞍と蝶形後頭底軟骨結合部

下垂体は頭蓋骨の一部、「蝶形骨」の「トルク鞍」といわれる窪み部分に接し収まっており、下垂体に刺激を入れるためには、蝶形骨の調整が必須です。

また、トルク鞍のすぐ後ろにある、蝶形骨と後頭骨がつながる「蝶形後頭底軟骨結合部」と呼ばれる部分は、脳をクリーニングする脳脊髄液の流動に大きくかかわっているため、この結合部の調整も併せて必須となります。

起立性調節障害や自律神経失調症の改善に、鍼や気功、マッサージ、頸椎(首の骨)の調整といった、いろいろなやり方がありますが、視床下部や下垂体を蝶形骨などの頭蓋骨を介して調整した方が、回復が速いと考えます。

当院では、自律神経失調症、起立性調節障害、アレルギー性疾患、アトピー性疾患、更年期障害…等々の症状に対して、頭蓋骨の調整に力を入れています。

加えて、普段から鼻呼吸を意識して行えれば、さらに良いです。口呼吸は呼吸が浅くなり、交感神経が優位になってしまうのですが、鼻呼吸の場合、口よりもゆったりした呼吸になるので、副交感神経が優位になります。

現代人はストレスなどから、交感神経が優位になりやすい傾向にあるので、意識的に鼻呼吸で副交感神経を優位にしてあげるべきなのです。

西宮市をはじめ、宝塚や芦屋、尼崎、伊丹、川西や三田市そして神戸エリアにおいて自律神経失調症でどこに行っても埒があかないとお悩みなら、是非、自律神経失調症や起立性調節障害を専門とする西宮甲東園整体院HALへお越しください。

最初は1週間以内に2-3回施術し、その後、平均週一回の施術ペースで約3か月ほどで改善が見られると思います。



0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー