本文へスキップ

慢性疲労症候群の専門整体!西宮甲東園整体院HALへ

TEL. 0798-55-8805|土日も営業

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

慢性疲労症候群を改善させるなら当院へ!

【目次】

≫ 慢性疲労症候群
├ 考えられる原因
├ 慢性疲労症候群のセルフチェック
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
├ 施術の流れ
├ 食事にも気を配って!

著者:

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群からの早期回復を図る!

慢性疲労症候群は、日常生活に支障がでるほどの激しい全身の倦怠感や疲労感が6ヶ月以上続き、それに伴って、関節痛や筋肉痛、発熱、鬱病、その他いろいろな症状が出る原因不明の病気です。

「慢性疲労症候群 臨床診断基準」という指標にあてはまる患者は、約30万人。その手前の状態である「特発性慢性疲労」は、200万人から300万人とも言われています。

多くは20~50代に発病し、近年増加傾向にありますが、それでも世間の認知度はまだまだ低いです。

周りから見ると、単に怠けているだけのように思われ、精神論で責められたりして周囲に理解してもらえず、精神的に苦しむ方も多いです。活動的で、一つのことにのめり込むタイプの人が、なりやすい傾向があります。

病院を受診しても、血液検査、画像検査などでは異常が見られず、発熱や痛みなどに対して一般的な薬が処方されるだけで、病名がはっきりしないまま医療機関を渡り歩き、症状を悪化させることも多いです。

考えられる原因

慢性疲労症候群を引き起こす原因の一つに、生活環境ストレスが関係していると言われています。精神的ストレス(対人関係など)、身体的ストレス(睡眠不足など)、物理的ストレス(電磁波など)、化学的ストレス(化学物質など)、その他(ウイルスなど)等々です。

ストレスが関与していれば、必然的に自律神経が乱れます。自律神経が乱れる、つまり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを意味します。特に、慢性疲労症候群の場合、交感神経が異常に緊張していると考えられます。

また、遺伝的要因もあると考えられています。

とはいえ、ハッキリとした原因はいまだ不明なのですが、最近の研究結果によると「患者の脳内で炎症が広い領域で生じている」ことが分かっています。

脳の画像診断では、頭痛や筋肉痛が強い場合は、帯状皮質と扁桃体の炎症が強く、また、抑鬱症状では、海馬(大脳辺縁系の一部)の炎症と相関しており、脳内で炎症が起こっている部位では脳機能が低下し、慢性疲労症候群の症状を引き起こしている可能性が高いようです。

病院で治療を受けるにも、まだまだ専門の医師が非常に少ない現状です。

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群のセルフチェック

■ 全身の疲労・倦怠感が(ある時期を契機に)急激に始まった

■ 半年以上疲労が続き、十分な休養をとっても回復しない

■ 断続的に発熱が続き、首のリンパ節が腫れる

■ 繰り返すのどの痛みや発赤、風邪症状、頭痛

■ 原因のわからない筋肉痛、筋力低下、移動性の関節痛

■ 寝付けない、眠りが浅い、目が覚める、起きれない、日中の過度の眠気など

■ 気分が落ち込む、うつ症状、記憶力や集中力の低下、物忘れ

以上の自覚症状が一つ以上あてはまる場合、慢性疲労症候群の可能性も念頭において、近くの一般内科を受診してみることをオススメします。

西宮甲東園整体院HALでは

研究結果でも判明している通り、脳の炎症と慢性疲労症候群とは関係があります。

当院では、他の症状でも述べていますが、脳脊髄液の重要性を考え施術にあたっています。

脳脊髄液の役割は、脳をショックから守るクッションであり、脳へ栄養を運び、脳神経細胞からの老廃物や毒素を取り除くクリーニングの役割を持ち、脳内と全身の神経の新陳代謝と修復を担っています。

脳の整体により、脳脊髄液の流動を良くし、少しずつでも脳と身体にとって楽な状態に戻すことを目的とし、施術します。

施術は【脳の整体】になります。

施術の流れ

←①~⑦→

まず骨盤を調整① 最初に、骨盤(仙腸関節および仙骨)を調整します。どのような症状でも身体の土台となる骨盤は必ず調整します。
次に頚椎を調整② 次に、脳への血流の通り道となる首(頚椎)を調整します。頚椎の歪みは、頭部への血流および脳からの神経伝達を阻害する要因の一つです。
次に頭蓋骨を調整③ 次に、頭蓋骨(蝶形骨、前頭骨、後頭骨、頭頂骨、側頭骨)を調整します。頭蓋骨を調整することで、間接的に脳の下垂体や視床下部、脳脊髄液動態を調整します。
視床下部や下垂体の場所④ ○のついている箇所が視床下部および下垂体と呼ばれる部位になります。ここが自律神経やホルモン分泌などをコントロールしている場所になります。
頭蓋骨を調整する理由⑤ 中心の黄色の骨は蝶形骨と呼ばれるコメカミの骨です。○のついている箇所に下垂体がハマっています。したがって、蝶形骨を調整することが何よりも重要となります。
次に肩甲骨を調整⑥ 次に、肩甲骨を調整します。肩甲骨周りが硬いと、呼吸も浅くなり肩こりや首こりを起こしやすく、精神不安や倦怠感を引き起こす要因の一つになります。
最後に脊柱を調整⑦ 最後に背骨(胸椎および腰椎)および肋骨(肋椎関節)を調整します。背骨の調整により背骨の柔軟性を回復させ、肋骨の調整により横隔膜の硬さをゆるめます。

すぐに成果が出るものではありませんが、一歩一歩でも改善に向け頑張りたい方へ施術を提供しています。

もし、どこへ行っても全然改善への兆しが見えないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

およそ、週一回の施術ペースで約3ヵ月ほどで、改善がみられると思います。

食事にも気を配って!

疲労回復物質を増やす効果があるのが、アミノ酸の一種であるイミダゾールジベプチドと呼ばれるものです。これは、カジキ、マグロ、カツオなどの回遊魚、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類に含まれています。

肉類の中でも、鶏のムネ肉には特に豊富に疲労回復物質が含まれているそうなのです。

このイミダゾールジペプチドをビタミンCと組み合わせて摂取すると、疲労回復スピードは2倍速くなりますので、ビタミンCが豊富な食材と鶏のムネ肉を一緒に食べてみることをオススメします。

また、ニンニクにはイオウ化合物の一つ、アリシンが含まれています。このアリシンがビタミンB1と結合すると、アリチアミンというものに変化します。アリチアミンは血液中に長く留まるため、疲労回復に効果的に働きます。

ニンニク自体にもビタミンB1が豊富に含まれるため、ニンニクだけでも効果がありますし、ニンニクには交感神経を刺激する働きや、血行を改善する作用もあり、冷え症対策にも有効です。

あと、クエン酸も疲労回復に効果が高いと言われています。クエン酸は、お酢や梅干し、レモンなどの柑橘類に豊富に含まれています。クエン酸の働きには、エネルギー代謝をスムーズにする働きがあります。

ご飯やパンなどの炭水化物は体内でブドウ糖に分解されエネルギーになります。 したがって、炭水化物と一緒にクエン酸を摂取すれば、効率よくエネルギーが産生され、疲労回復に効果的です。ご飯と梅干の組み合わせは、合理的に考えられているわけです。

また、クエン酸はカルシウムの吸収をよくする働きがあるため、精神疲労のよるイライラを抑える効果もあります。

慢性疲労でお悩みなら、鶏のムネ肉やサラダ、ニンニク、お酢、ご飯などを含む食事を是非、摂るようにしてみてはいかがでしょうか。


<関連ページ>
慢性疲労症候群 関連記事

自律神経失調症


0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

■ 初回: 検査料+施術料 ■ 次回以降: 施術料のみ

検査料 施術料
脳の整体 3300 11000

(円・税込)


阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー