本文へスキップ

片頭痛からの早期回復を目指す西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

片頭痛からの早期回復を目指すために!

【目次】

≫ 片頭痛
├ 片頭痛の特徴
├ 予兆と前兆
├ 原因の有力説
├ 変わった片頭痛タイプ
├ 片頭痛への対処法
├ 病院では
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
├ 片頭痛に関する最新の知見
≫ 関連ページ

片頭痛

片頭痛からの早期回復を図る

当院では、片頭痛に対し頭蓋骨調整を主軸に、首の骨の調整を加えることで非常に高い改善率を誇っています。

片頭痛における改善率97%!

片頭痛は、脈打つように痛む発作性の頭痛です。

片頭痛というと、頭の片側が痛む頭痛と思われがちですが、いつも片側だけというわけではなく、両側が痛むことも、左右交互に痛むことも多々あります。もちろん、片側だけ痛む人が多いのも事実です。

片頭痛に悩まされている人は、15歳以上の 8.4%、約840万人を占めると言われています。これは20人の集団であれば、1~2人はいるということですから、決して少ない数ではありません。

男女比では、30代に限ってみれば女性の方が男性の約4倍と圧倒的に多く、特に若い世代の20代~40代に集中しているようです。

片頭痛の原因はよくわかっていませんが、母親が片頭痛だと、片頭痛になりやすいということは確かなようです。

片頭痛になりやすい体質の人は、ストレスやホルモンの変化などが引き金になって、片頭痛が起こりやすいのです。

片頭痛は多くの場合、一度発作が起こると、4~72時間は持続するとみられており、通常月に1~2回、多い人では週に1~2回の頻度で出現します。月に15回を超えると「慢性片頭痛」と呼ばれるようになります。

また、片頭痛患者の30%は頭痛で寝込んだり、70%は日常生活になんらかの支障が生じていると言われています。

ただ、一旦片頭痛が治まると、何事もなかったかのような状態に戻るので、病院や治療院等で定期的に治療を受けている人は、全体の2.7%と極めて低い割合です。

また、片頭痛が悪化し変異した頭痛を、最近では「脳過敏症候群」と呼ぶようになってきています。


片頭痛の説明漫画

片頭痛の特徴

毎日ではなく、月に1~数回頭痛に襲われるというのが、片頭痛の特徴です。ただし、緊張型頭痛を併発することもありすから、頭痛の頻度で片頭痛かどうかを決めつけてはいけません。

吐き気を伴うのも、特徴的な症状です。普段は問題ないのに頭痛ときに乗り物に乗ると、決まって吐き気がするという人もいます。

4時間未満で治まる頭痛は、医師からみると片頭痛とは認められない場合があります。もっと言えば、吐き気や気分が悪いといった症状を伴わない頭痛は、片頭痛とは診断されないことも多いです。

片頭痛のときは、寒さや天候、音、光、騒音などにも敏感になり、頭痛がより一層ひどくなります。雨音さえ響くという人もいます。髪を束ねる行為も、髪が引っ張られる刺激で頭痛に影響することがあります。

蛍光灯の光が、片頭痛のときはいつもより眩しく感じるのも、片頭痛の特徴の一つです。ワインやチョコレート、アイスクリームなど特定の食べ物が、片頭痛を起こす誘因となることも確認されています。

シャワーを浴びると頭痛がする、かけ湯をすると頭が痛くなる…といったこともあります。

片頭痛の最中に身体を動かすなどして頭の位置を変えると、痛みはより一層悪化します。

ゲリラ豪雨のような急な悪天候、急激な気温上昇、台風などの低気圧の接近時に、片頭痛が起こることもあります。

片頭痛中の表現として、「ズキンズキンする」「ズキズキする」「ガンガンする」「ドクドクする」などと言う人もいます。「脈打つような痛み」と訴える人もいます。「目の奥を押されるような痛み」「目の奥をつかまれるような痛み」と表現する人もいます。頭を締め付けられるような痛みなら緊張型頭痛かもしれませんが、グーっと押されるような痛みなら片頭痛の疑いが強いです。

頭痛が起きている間は、仕事や日常生活に支障をきたすほどつらいのですが、頭痛がおさまると、頭痛で悩んでいた時の痛みやツラさをすっかり忘れているのも、片頭痛の人の特徴です。

予兆と前兆

片頭痛患者の1~2割程度の人には、痛みの起きる直前に前兆があったり、さらにその前に予兆があります(予兆→前兆→頭痛)。予兆がおこって前兆なしに頭痛が始まる場合もあれば、予兆なく前兆から頭痛が始まる場合もあります。

「予兆」としては、首や肩のこり、生あくび、イライラ、空腹感、むくみ、頭のあたりに違和感、眠気…などがあり、片頭痛の起こる1~2日前に現れます。その人なりの予兆があるのも片頭痛の特徴の一つです

頭痛の直前に起きる「前兆」には、視覚障害や感覚障害などがあり、稀に、失語、片麻痺が起こることもあります。

「前兆」のうち最も多いのが、頭痛発生の直前に目の前がチカチカしたり、ギザギザするものが見えたりする視覚障害の閃輝暗点(せんきあんてん)と言われています。

例えば、本や新聞など、読んでいる部分や見ている部分の中心にある文字が見えにくくなったり、中心からちょっと右の辺り、または左の辺りからチカチカし出し、まぶしいギザギザ模様が現れるというものです。ギザギザは次第に大きくなって、視野の外へ拡大していって消失します。

たいてい、ギザギザ模様が出た後に激しい頭痛に襲われます。右の方へギザギザが出た時は頭の左側が痛み、左の方に出た場合は右側が痛みます。

片頭痛の代表的な症状

原因の有力説

《セロトニン》

顔面の知覚を脳に伝える「三叉神経」が片頭痛に深く関わっている説が有力です。

脳の血管は収縮と拡張を繰り返すことで、脳内の血流量を一定に保つように調整されます。この調整を担っているのが、血液中の血小板から放出される「セロトニン」という神経伝達物質です。

何らかの原因でセロトニンが大量に放出される時、脳の血管は収縮するため、脳の血流量が減少します。そして、セロトニンが出尽くされ代謝されると、今度はその反動で、脳の血管は減少した血流量を補おうと異常に拡張します。

その異常な血管拡張によって、血管周囲の三叉神経が刺激され炎症を起こし始め、その痛みが脳に伝えられます。これが片頭痛だと考えられています。

片頭痛を引き起こす発端となるセロトニンの大量放出の誘因の一つが、「ストレス」です。ただ、ストレスがかかっている最中に頭痛が起きるのではなく、特に、緊張・ストレスから解放された時に、収縮していた血管が急に拡張しやすくなります。

週末に片頭痛を起こす人が多いのは、平日の緊張からの解放だと考えられます(週末頭痛とも呼ばれます)。

例えば「このきつい仕事が終わったら旅行に行こう」と思っていても、そのきつい仕事が強いストレスになっていると、それから解放された日に激しい頭痛が起きて、旅行どころでなくなってしまうのです。

ちなみに、低気圧で発症する片頭痛は、身体が低下した外側の圧力とのバランスを取ろうとするので、身体の中の水分が外側に向かいます。血液中にも水分は含まれるため、外側に向かおうとして血管が拡張します。その拡張した血管が神経を圧迫するため、片頭痛が起きます。

片頭痛時の血管と三叉神経とセロトニンの関係

《女性ホルモン》

女性ホルモンも片頭痛を起こす誘因となり得ます。妊娠中には頭痛が起こりにくくなりますが、経口避妊薬のピルを服用すると、頭痛が起こりやすくなるようです。また、出産後に妊娠前よりも片頭痛が起こりやすくなった人は、ホルモンバランスの崩れが原因かもしれません。

圧倒的に女性に多い片頭痛は、女性ホルモンの「エストロゲン」の変動と深く関係しています。

女性の場合、月経前や月経期間中、排卵日に片頭痛に悩まされることが多く、女性ホルモンの変動の少ない妊娠中には、片頭痛は起こりにくくなります。ただし、出産後には再発し、出産前よりもひどくなる傾向があります。

片頭痛持ちの女性の多くは、初潮の始まる10代から発症し、その後、40代あたりまでツライ症状に悩まされています。

しかし、実際には10歳以前にも頭全体が重いような痛みがあったという人も多く、40代以降、更年期にかけては典型的な片頭痛は減りますが、緊張型頭痛に近いドーンとした重苦しい痛みに変わる傾向があります。

注意する点は、女性の片頭痛は、ピル(経口避妊薬)の服用や更年期のホルモン補充療法などが誘因となって悪化することも多く、服用に関しては医師とよく相談する必要があります。

変わった片頭痛タイプ

《眼筋麻痺性片頭痛》

頭痛発作時に眼球を動かしたり、瞼を上げ下げする目の周囲の筋肉の麻痺が合併する片頭痛です。瞼が下垂したままになったり、片側に眼球運動の異常が起こったり、物が二重に見えたりします。

片頭痛発作時に、拡張した内頸動脈が目の周囲の筋肉につながっている末梢神経を刺激するために起こると言われ、目の周囲だけ痛むことも多いです。

《網膜片頭痛》

頭痛発作中や前後に、一時的に片側の目が見えなくなったり、視野が狭くなります。目の網膜動脈が収縮し、その部分の血流が低下するために起こると考えられています。頭痛が伴わず、視力障害だけ起こることもあります。

《片麻痺性片頭痛》

頭痛発作の前や最中に片側の手足の痺れ感や運動麻痺が起こります。片側痛は頭部の動脈が拡張することで起こりますが、このとき、一部の脳動脈が収縮するために起こると考えられます。脳梗塞に症状が似ています。

《脳底型片頭痛》

頭痛の前に脳底動脈が収縮するために、耳鳴り、ろれつが回らなくなる、運動失調、視野異常、意識障害など、いろいろな症状が現れます。頭痛は必ず両側に起こり、10代の女性に多く見られます。

意識障害を伴うことから、アルコールや薬物依存症と誤診されることもあるようです。

《マスク頭痛》

マスクの長時間着用により増加傾向にあるのが、マスク頭痛です。マスクの中で呼吸することにより、自分の吐いた二酸化炭素を多く含む酸素を吸うことになり、十分な酸素を吸えない他、二酸化炭素には脳血管を拡張させてしまう働きがあるため、片頭痛を同様の現象が現れます。

片頭痛への対処

片頭痛の対処法としては、

①冷たいタオルなどで痛む部位を冷やし、血管拡張を抑える。
②目元を温めるのは逆効果。
③入浴を控え、シャワーで済ませる(片頭痛の場合、入浴や運動は痛みを強くするので、注意が必要です。)
④スマホやパソコンなどを見ずに、静かな暗い場所で安静にする。
⑤軽度の場合は市販の頭痛薬で症状を抑える(ただし、頭痛薬を服用しすぎると、知らず知らずのうちに「薬物乱用頭痛」へ移行してしまうリスクがありますので、注意が必要です)。
⑥マグネシウムとビタミンB2をしっかり摂取する。
⑦日頃から水分摂取を心がける。
⑧寝過ぎない。寝不足をしない。
⑨ストレスをコントロールする。

生活のリズムを整えることが重要です。日頃からストレスをためないことです。

ちなみに、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、脳の血管を収縮させるので痛みを和らげる効果があると言われていますが、脳の視床下部を刺激しますので、痛みが和らいだとしても一時的なもので、多くの場合は逆効果になると思われます。

病院では

病院では主に薬物療法になります。血管拡張予防薬(血管を収縮させる薬)が処方されることが多いです。

鎮痛薬
発作の頻度が月に1回程度の、ごく軽い片頭痛の場合に用いますが、初期に服用しなければあまり効果は期待できません。

エルゴタミン製剤
拡張した血管を収縮させる働きがあります。ただし、脳の嘔吐中枢にも作用するため、場合によっては吐き気を悪化させる可能性もあります。

トリプタン製剤
拡張している血管を元に戻す作用と、三叉神経から放出される炎症物質を抑える作用があります。鎮痛剤やエルゴタミン製剤と違い、痛みが本格化してからの服用でも痛みを抑えることができ、吐き気や音や光に敏感になる症状にも効果が期待できます。

ただし、リスクとしては、血管収縮作用があるため、血管を収縮させすぎて心臓に悪影響を及ぼす恐れもあるため、循環器系、肝機能、腎機能などに病気のある人は使用を制限されることもあります。

加えて、欧米ではトリプタン製剤を頻繁に服用しすぎると、薬剤依存症(薬物乱用頭痛、慢性連日性頭痛など)を招く恐れもあることが問題となっています。

漢方薬も処方されることがあります。

五苓散(ごれいさん)あるいは/および呉茱萸湯(ごしゅゆとう)の投与により、トリプタン注射に匹敵する即効性と有効性があるとされています。

西宮甲東園整体院HALでは


当院では、片頭痛に対して頭蓋骨調整を行います。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、片頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流動をスムーズにさせ、視床下部や下垂体にアプローチし、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えれば、脳血管の異常な拡張も減少し、片頭痛は改善していきます。

また、首の骨の調整を加えることで、改善率が驚くほ上がっています!

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。5回ほどの施術で驚くような改善が見られます!

片頭痛に関する最新の知見

近年、画像検査の進歩により、片頭痛発生時期を前兆期よりも前の予兆期において、視床下部での片頭痛発症の活動が活発になってきていることがMRIやPETといった画像検査装置で明らかになったそうです。(東海大学医学部内科学系神経内科; 臨床神経 2020;60:20-26より)

つまり、片頭痛の治療に視床下部へのアプローチが非常に重要になってくると思われます。当院の頭蓋骨調整はこの視床下部へアプローチしています。



0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー