本文へスキップ

上腕二頭筋・三頭筋腱炎の改善に西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

上腕二頭筋・三頭筋腱炎の改善のために!

【目次】

≫ 上腕二頭筋長頭腱炎/上腕三頭筋腱炎
├ 上腕二頭筋長頭腱炎
├ 上腕三頭筋腱炎
├ 病院では
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
≫ 関連ページ

上腕二頭筋長頭腱炎/上腕三頭筋腱炎

二頭筋長頭腱炎・三頭筋腱炎の短期回復を図る

上腕二頭筋(長頭)腱炎

上腕二頭筋(力こぶの筋肉)は文字通り、長頭筋、短頭筋の二つの筋肉で構成されています。

短頭腱が、肩甲骨の烏口突起という部分の先端から、ほぼ真っすぐ下へ向かっているのに対して、長頭腱は、関節内を上腕骨に沿って走行し、そこからほぼ90°方向を変えて、結節間溝と呼ばれる上腕骨頭の溝を通って、上腕二頭筋へと繋がります。

上腕二頭筋長頭腱炎における腱の走行

この走行からもわかるように、構造上、上腕二頭筋長頭腱は腕を動かす際に、絶えず90°近く折れ曲がりながら結節間溝で摩擦を受けており、例えば、投球動作やテニスのスマッシュ、バレーのアタックなど肩の繰り返し動作では、摩擦により炎症を起こしやすくなります。

上腕二頭筋腱炎は、スポーツ障害の一つで野球肩(肩関節障害)に分類されます。

30~50代に多く、肩関節前面の痛みや上腕部から前腕部にかけての放散痛、結節間溝部の圧痛、肩関節外旋時(肘を90°に曲げて体につけた状態で外側に開く動作)の痛み、また、重いものを持ち上げたり、コルク栓を抜くような肘関節の動きで痛みを感じることもあります。

しかし、肩の運動制限は無い場合が多く、あっても軽度であるのが特徴です。

上腕ニ頭筋長頭腱炎の主な原因は、加齢による筋力低下、運動前のストレッチ不足、筋肉の酷使が多いです。

日常生活でも、洗濯物や重い荷物を持つなど腕をつかう動きをするたびに、患部に痛みが現れます。また、夜間痛が増すこともあります。

一人でできる上腕ニ頭筋長頭腱炎の対処方法は、まず冷却と安静です。

患部は使い過ぎによって、炎症が発生しているので、とにかく氷で冷やしてください。そして、上腕二頭筋長頭腱炎になったと推測される原因の動作を極力行わないことです。

氷水で冷やしていると、痛みもひいて一時的に良くなったように感じますが、患部が痛む動作を再開することで再発、悪化を繰り返してしまいますので、注意してください。

上腕三頭筋腱炎

三頭筋腱炎の上腕周辺の筋肉

一般的に二の腕とよばれる上腕三頭筋の付け根である肘での筋肉の使い過ぎや、挫傷などによって、その部分が炎症を起こすことで現れる肘の痛みです。

症状として腕、手首を伸ばす時に関節痛があります

上腕三頭筋は、腱となって肘関節の肘頭についています。そこが何度も引っ張られ、微小の損傷がおこって炎症が起きている状態が「上腕三頭筋腱炎」です。

特に、オーバースローなど、腕を縦振りで投げる選手に多くみられます。

痛む部位は、腱が肘につく部分(肘頭)で、肘を曲げて一番出っ張っている骨(肘頭)の少し上のくぼんでいるところです。

三頭筋腱炎の肘周辺の筋肉

投球動作では、上腕三頭筋はそれほど強く働くわけではないですが、何度も繰り返し収縮を行うので、腱組織に微小損傷がおこり、肥厚して炎症が起きて上腕三頭筋腱炎を引き起こします。

上腕三頭筋は、肘関節から肩関節へつながっていますが、上腕三頭筋の肘部分の腱の炎症を「上腕三頭筋腱炎」と言い、肩関節に付着している部分での炎症・骨損傷を「ベネット病変」と言います。

同じ筋肉が関係しているので、注意して治療・リハビリ・トレーニングに取り組むことが大事です。

上腕二頭筋長頭腱炎などは、四十肩・五十肩と症状が似ており、また、上腕三頭筋腱炎肘痛(ゴルフ肘、テニス肘、野球肘を含む)などとよく誤解されやすい症状ですので、念のため、一度病院にて検査を受けられることをお勧めします。

病院では

病院での治療は、主に保存的治療になります。急性期の場合は、肩や腕の安静、薬物療法、注射などで炎症の緩和をはかります。

急性期の炎症が軽減した後は、ストレッチや筋力強化を中心としたリハビリ(運動療法)を行うようになります。

ただし、半年間ほど保存療法を行っても改善が見られない場合は、外科的手術も検討されます。

西宮甲東園整体院HALでは

三頭筋腱炎の施術例


当院では、骨格調整により、身体の土台となる骨盤から背骨を調整し、肩甲骨(肩甲胸郭関節)の動きを良くし、肋骨(肋椎関節)をゆるめ、胸鎖関節、肩鎖関節、肩甲上腕関節、肘関節などの痛みに関連する骨・関節のズレを、本来あるべき正しい位置に戻すことで、二頭筋や三頭筋の緊張をゆるめて痛みを解消していきます。

腱や靭帯は、骨と筋肉や骨と骨をつないでいるので、骨と骨が接する関節がズレれば、筋、腱、靭帯なども引っ張られ負荷がかかってしまいます。

関節を正しく戻せば、その負荷は解消されるので、あとは炎症の熱が引くのを待つだけです。

ただし、腱や靭帯が断裂してしまっている場合は、病院の適応になります。

もし、どこへ行っても全然良くならないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


<関連ページ>

四十肩/五十肩


0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー