本文へスキップ

ギヨン管症候群の専門整体!西宮甲東園整体院HALへ

TEL. 0798-55-8805|土日も営業

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

ギヨン管症候群を短期改善させるなら当院へ

【目次】

≫ ギヨン管症候群
├ 主な症状
├ ギヨン管症候群の原因
├ 病院では
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
├ 施術の流れ

著者:

ギヨン管症候群

ギヨン管症候群を短期改善へ

手根管症候群が親指から薬指半分(中指側)に痛みやしびれが現れるのに対し、ギヨン管症候群の場合は薬指半分(小指側)から小指にかけて痛みや痺れが現れます。

手のひら側に症状が現れるのは、ギヨン管症候群も『手根管症候群』も同じです。ギヨン管症候群も手根管症候群も似ています。

ただし、症状が手根管症候群は両手に現れることが多いのに対し、ギヨン管症候群は両手に現れることは少ないです。

肘部管症候群』とも症状はとても似ていますが、肘部管症候群の場合は手の甲にも症状が現れ、ギヨン管症候群は手のヒラだけに症状が現れます。

また、肘部管症候群は肘にある「肘部管にて尺骨神経が圧迫」される病態ですが、ギヨン管症候群は手首の「ギヨン管にて尺骨神経が圧迫」される病態です。

ちなみに、手根管症候群は手首の「手根管にて正中神経が圧迫」される病態です。それぞれ、圧迫される場所や神経の違いで手指に現れる症状や場所が異なるわけです。

ギヨン管症候群による手の痛みや痺れ

主な症状

ギヨン管症候群の症状は、痛みよりも痺れの方が圧倒的に多く、軽いしびれ感だとそのまま放置してしまう人が多いため、気づかないうちに徐々に悪化し、手全体がやせ細っていって筋力や握力が低下してしまいます。

そのうち、しびれを感じなくても指を開いたり閉じたりする動作がし難くなったり、顔を洗うときに水がもれてしまったり、指での細かい作業に支障をきたしたり、薬指や小指が反ってきたりします。

手のひら側の小指と薬指に、痛みやしびれなどの症状が出ることが特徴になります。手の甲側のしびれはありません。

中年期の人に多くみられます。

また、尺骨神経が指先の末端付近で、筋膜のトンネルを通過する際に圧迫されると、指が動かしにくくなります。

ギヨン管症候群の原因

手のひらの付け根にある尺骨神経が通る「ギヨン管」と呼ばれる骨と靭帯に囲まれたトンネル部分があり、そのトンネル周辺に何らかの原因でできた腫瘤や外傷により、「尺骨神経や毛細血管が圧迫」されてしまい、手指にしびれが起きると考えられています。

もともと、尺骨神経は手首で筋膜の狭いトンネルを通過しますので、無理な姿勢や傷害で発症しやすい疾患でもあります。

長期間のPCマウスの使用による尺骨管の圧迫、スポーツやリウマチ、ガングリオン、骨折などの病気やケガがもとで発症することもありますが、特に原因のない場合もあります。

バイクや自転車から転倒する際に手をついたり、バイクのアクセルを握った状態で衝突事故にあったりしても発症しやすいです。

ギヨン管症候群のほとんどは、圧迫や牽引によるものです。

病院では

肘の内側を軽く叩き、小指や薬指に痺れ感があらわれるかどうかをまず調べます。また、画像検査や筋電図などで神経伝達速度を測定して判断することが多いようです。

病院での治療は基本的には、保存療法になります。ビタミン12を投与したり、手を固定したりするなど、安静をはかります。

その後、外傷によるものであったり筋力低下が見られる場合はリハビリを、そして薬物療法にて経過観察し、状態が悪い場合や腫瘤がある場合は、尺骨神経を圧迫している原因を除去する外科的手術が検討されます。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、体の整体により、肩甲骨(肩甲胸郭関節)をゆるめ、上腕関節、肘(腕尺関節、橈尺関節)を調整、手根骨のそれぞれの細かい骨を調整することで、神経の圧迫を解除していきます。

施術は【体の整体】になります。

施術の流れ

←①~⑧→

まず骨盤を調整① 最初に、骨盤(仙腸関節および仙骨)を調整します。どのような症状であれ、身体の土台となる骨盤は必ず調整します。
次に脊柱を調整② 次に、背骨(腰椎および胸椎)を調整します。背骨は身体のバランスをとる軸となるため、土台となる骨盤同様、必ず背骨も調整します。
次に頚椎を調整③ 次に、首(頚椎)を調整します。肩から指先への神経は頚椎から伸びています。したがって、首に異常があれば腕や手にも痛みや痺れが現れます。
次に肩甲骨を調整④ 次に、肩甲骨を調整します。肩甲骨の動きが悪ければ首痛や肩こりにも発展し、肩周りの筋肉が硬くなれば指先へ伸びる神経を圧迫する可能性があります。
次に肩関節を調整⑤ 次に、肩を調整します。肩甲骨同様、肩周りの異常は腕や手にも影響を及ぼします。
次に肘を調整⑥ 次に、肘を調整します。肘は肩と手首の中間にあたり、双方から重要な筋肉がつながっているため、肘の異常は肩や手首にも影響を及ぼす要因の一つになります。
次に手首を調整⑦ 次に、手首を調整します。ギヨン管は手首に位置するため、手首の骨・間接を調整することでギヨン管の圧迫を取り除きます。
最後に手関節を調整⑧ 最後に、手全体(手関節)を調整します。手首の骨は他の手の骨・関節とも接しているため、手首に異常があるということは、他の手の骨にも影響が出ているはずです。

時間はかかりますが、改善可能な症状だと考えています。 元々の原因は、生活習慣によるところが大きいので、生活習慣の見直しをオススメします。

もし、どこへ行っても全然良くなる気配がないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


<関連ページ>
ギヨン管症候群 関連記事

手根管症候群

肘部管症候群

胸郭出口症候群


0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

■ 初回: 検査料+施術料 ■ 次回以降: 施術料のみ

検査料 施術料
体の整体 3300 7700

(円・税込)


阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー