本文へスキップ

腰痛の短期改善を目指す西宮甲東園整体院HAL

TEL. 0798-55-8805/完全予約制

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

慢性腰痛を短期で改善させるために!

【目次】

≫ 慢性腰痛
├ 慢性腰痛になる原因
├ 腰痛の時は安静より動く方が良い
├ 病院では
≫ 西宮甲東園整体院HALでは
≫ 関連ページ

慢性腰痛

慢性腰痛の短期改善を図る

「慢性腰痛」は腰の痛みが3ヶ月以上続いている状態を指し、本人もいつ痛めたかがわからない腰痛です。逆に、ぎっくり腰は「急性腰痛」呼ばれ、いつ痛めたかが大体わかる腰痛です。

ただ、急性腰痛でも放置しておくと悪化し、慢性腰痛化することが多々あります。

「慢性腰痛」の症状は、腰全体のダルさや重さ、痛みなどがあります。抑うつなどを伴うこともあります。

「急性腰痛(ぎっくり腰)」の症状は、激しい痛み、腰の運動制限、前屈が困難などが挙げられます。

慢性腰痛になる原因

慢性腰痛の原因は主に5つあります。

《腰への圧力や老化が原因》

猫背、反り腰、猫背+反り腰、平背など、背骨(脊柱)の生理学的湾曲(カーブ)が歪むと、体のバランスを取るため、首の骨(頚椎)や腰の骨(腰椎)に負担がかかり、腰痛を招きやすくなります。

腰痛になりやすい姿勢

「疲労が原因で起きる腰周辺の筋肉痛」「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」「腰椎分離症」「腰椎分離すべり症」「骨粗しょう症」「腰痛症」などが代表的な病気です。

椎間板ヘルニアと変形性脊椎症は、老化により背骨の椎間板が柔軟性を失うために起こります。同様に、骨粗しょう症も老化により、骨自体がもろくなり起こります。

腰椎分離症は、激しい動きによって腰椎(腰の背骨)に起こる一種の疲労骨折であり、悪化すると腰椎が前方へ滑り出し(ズレ出し)神経を圧迫する腰椎分離すべり症に発展することもあります。

《細菌や腫瘍が原因》

腰の骨に腫瘍ができる「脊椎腫瘍」、結核菌が血管を通って腰に達し腰の骨に炎症を作る「脊椎カリエス」、化膿菌が血液を通じて腰の骨を侵す「化膿性脊椎炎」が挙げられます。

「脊椎腫瘍」は、良性なら断続的に痛み、悪性の場合は継続的に痛むという特徴があります。

しかし、人によって違うこともあります。手足のしびれを伴うこともあります。初期段階では腰痛症と見分けがつかないこともあります。

「脊椎カリエス」は、結核の予防や治療などが進んだ現在、稀な病気になりつつありますが、油断は禁物です。

この病気になると、脊椎の動きが硬くなり、やがて腰椎が曲がらなくなったり、膿が神経を圧迫して足の麻痺を引き起こしたりします。

「化膿性脊椎炎」には、鈍痛が続き慢性的な痛みを伴うものと、高熱と激痛に見舞われる急性のものの2種類があります。

多くは、泌尿器系の病気が原因となって起きる場合が多いのですが、手術時の感染が原因になることもあります。

《腰以外の部分が病気》

例えば、婦人科系の病気だと、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」「卵巣腫瘍」「月経症候群」「更年期障害」「自律神経失調症」「子宮の位置が正常でない場合」などが原因で起きる腰痛。

内科系の病気が原因になるのは、背中から腰にかけて痛みを伴う「胆嚢炎」「胆石」「膵炎」「胃潰瘍」「腎盂腎炎」「慢性胃炎」「虫垂炎の腹部癒着」など。

泌尿器系の病気では、「腎臓、尿管、膀胱、前立腺などの病気」が腰痛を伴うことがあります。なかでも「尿路結石」では激しい痛みが起きます。

血管性の病気の「大動脈瘤が腹部にできた場合」にも、腰痛が起こります。

《ストレスが原因》

ストレスが原因で腰痛になる人には、もともと内向的な神経質、執着気質で、ものごとに過剰に反応をしてストレスをため込んでしまいがちな傾向がみられます。

ストレスを解消できれば良いのですが、それができないとストレスが腰の痛みとして現れてしまいます。

心と身体は密接に関係しています。例えば、心配事などでストレスが蓄積されていくと、胃が痛くなってきます。同様に、ストレスにより、腰や背中、内臓などには全く異常が見られていないにもかかわらず、腰痛を訴える人も少なくありません。

いわゆる自律神経失調症の一つと考えられます。

《脳機能の不具合》

本来、痛みが脳に伝わると、脳内でドーパミンという神経伝達物質が放出されます。すると、次に脳内ではオピオイドやセロトニンなどが分泌され、痛みや気分が和らぐシステムになっています。

しかし、不安や心配、恐怖などのストレスがあると、脳内における神経伝達物質の分泌量が減少し、逆に痛みや気分が悪化してしまいます。

脳機能の不具合によって起こる慢性腰痛は、心理的要因によって、痛みの悪循環に陥りやすい傾向にあります。

医療機関での画像検査などで「異常あり」と診断されると、その診断結果が不安や心配の種となり、本来の痛みをさらに増幅させてしまうこともあるわけです。

痛みが続くと、安静にしたほうが良いのでは?と思い、運動を控えるようになってしまいがちですが、過度の安静は、痛みに過敏になる神経伝達物質をさらに発生させてしまうこともあるため、身体や脳機能がさらに不具合を引き起こします。

治すための安静が、逆に悪化させてしまうという悪循環を招いてしまうのです。

腰痛の時は安静より動く方が良い

たとえば、ぎっくり腰の場合、発症したての頃は患部に炎症が起こっているので、数日間は安静にしたほうが良いのですが、ある程度動けるようになったら、今度は積極的に動かしたほうが腰痛は良くなります。

「安静にしたままの腰の方が、積極的に動かした腰よりも、ぎっくり腰の再発が3倍以上高い」と医療機関における研究でも立証されています。

もちろん、癌や感染症、骨粗しょう症などが原因の慢性腰痛もありますので、一度は医療機関にて検査を受けたほうが良いですが、特に他の病気が見当たらない場合は、腰だけでなく、ストレスについても考慮したほうが良いと思います。

腰が痛いからと、腰ばかりに意識を向けず、積極的に身体を動かして、同時にストレス解消を図ってみてはいかがでしょうか。もし、それでも腰が心配と思われるのであれば、当院までご相談ください。元気に動ける腰に変えていきます。

病院では

病院では、安静時の痛みの有無や動作痛などを確認し、安静時に強い痛みがある場合は、尿管結石や大動脈解離などの有無も検査します。

レントゲンやMRI画像診断などで、腰椎椎間板ヘルニア、椎間板症、腰椎分離症、腰椎分離すべり症、筋・筋膜性腰痛、腰椎脊柱管狭窄症、脊椎疾患(腫瘍、炎症、骨折など)が疑われる腰痛…等々の可能性を検査し、それぞれに合った治療を行います。

腰痛の基本的治療は、炎症や痛みを抑える「薬物療法」、硬膜外や神経根、患部局所への「神経ブロック(いわゆる神経や神経の周辺への局所麻酔)」、牽引やマッサージ、電気治療、コルセット装着や筋力訓練といった「理学療法(いわゆるリハビリ)」…など。

基本的には、手術を要さない腰痛の場合は保存療法をとります。

つまり、「とりあえず、お薬を飲んで~」「湿布を貼って~」「リハビリで~」「適度に運動して~」といった処置になります。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、医療機関でも用いられるAKA療法を取り入れた骨格調整により、体の土台となる骨盤(仙腸関節)から背骨(腰椎、胸椎、頚椎)、および、腰椎と太い筋肉でつながっている股関節を調整していきます。

また、バランスが大きく崩れているようであれば、膝や足首、肩甲骨や肩なども調整します。

内臓疾患や首の骨が原因の場合があるため、病院で検査をし、処方された薬を服用しても腰痛がおさまらない場合は、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

回復した身体を再発しないように維持させるのは、ご本人の日常の生活習慣になりますので、痛みがなくなったからといって安心せず、定期的に身体のメンテナンスをオススメします。



0798-55-8805
Web予約・無料相談
LINE予約・無料相談


施術料金

初検料 施術料
頭蓋骨調整 3300 11000
骨格調整 7700
骨盤・O脚・姿勢矯正 7700

(円・税込)

 詳細をみる >

阪急今津線甲東園駅徒歩1分

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

平日:09:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:09:00 ~ 17:00(18:00終了)
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:第2/第4日曜日・祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約 Web予約 LINE予約 サイトメニュー